グーグルサーチコンソールの登録と使い方

グーグルアイキャッチ

サイトやブログを開設したら必ずグーグルサーチコンソールに登録しましょう。

ここではグーグルサーチコンソールの登録方法と使い方を詳しく解説していきます。

グーグルサーチコンソールとは

グーグルサーチコンソール(Google Search Console)とは、グーグルが無料で提供しているサイト運営者の為の管理ツールです。

以前はウェブマスターツールという名前でしたが、2015年からグーグルサーチコンソールに名称変更されています。

サーチコンソールを使いこなすことで、サイトの様々な問題を解決、改善でき、サイトのパフォーマンスが向上します。

グーグルサーチコンソールでできること

できること
  • インデックスの確認と再登録のリクエスト
  • サイトマップの登録と送信
  • Googleが問題を検出したときにアラートを受信
  • 検索クエリ(キーワード)やクリック数の確認
  • 掲載順位の確認
  • 発リンクと被リンクの確認
  • AMPのレポート確認

上にあげたのはサーチコンソールでできることのほんの一部です。

他にも便利で役立つ機能がたくさんあります。

グーグルサーチコンソールの登録

それでは実際にグーグルサーチコンソールの登録をしてみましょう。

サーチコンソールの登録にはGoogleアカウントが必要です。Gmailを使用していればアカウントをすでに持っていますので、すぐにグーグルサーチコンソールを利用できます。

まずはグーグルサーチコンソールのページに移動します。

Google Search Console

ドメインで登録

グーグルサーチコンソール1

ドメインで登録するかURLで登録するか選択できます。

まずはドメインで登録する場合の説明です。

ドメインで登録する場合は、httpもhttpsもwwwありなしも全て同一サイトとして登録できますので、可能であればこちらでの登録をお勧め致します。

URLではなく〇〇〇〇〇.comのドメインを入力します。

ドメインで登録

するとDNSレコードでのドメイン所有権の確認となります。これはグーグルコンソールではなく使用中のサーバーで設定する必要があります。

ここでは私が使用しているエックスサーバーで説明させて頂きます。

まずコンソールの画面に表示されているTXTレコードをコピーします。

そして、エックスサーバーのサーバーパネルの「DNSレコード設定」をクリックします。

DNSレコード設定

DNSレコード設定2

種別はTXTを選択し、内容に先ほどコピーしたTXTレコードを貼り付けます。

DNSレコード設定3

あとは追加するを押して完了です。

そして、グーグルコンソールの画面で確認を押します。これでドメインでの登録は完了です。

ドメインでの登録は完了

URLで登録

次にURLで登録する場合の説明です。

URLで登録

右側にURLを入力します。

次は所有権の確認です。HTMLファイルかHTMLタグによる確認を選択する人が多いようです。

HTMLファイル

HTMLファイルによる確認の場合はHTMLファイルをダウンロードし、そのファイルをルートディレクトリにアップロードします。

MEMO
ルートディレクトリとはトップの階層のことです。indexファイル(トップページのファイル)がある場所でもあります。エックスサーバーであれば、ドメイン名→「public_html」の中がルートディレクトリになります。

HTMLタグ

HTMLタグによる確認の場合は、グーグルコンソール内に表示されているメタタグをコピーし、自分のサイトのhead内に貼り付けます。その後ファイルを更新して確認を押してください。

head内とはHTMLの中の冒頭にある<head>から</head>までです。head内であればどこに貼り付けても構いません。

所有権が確認できたら、グーグルサーチコンソールの登録は終了です。

グーグルサーチコンソールの使い方

サイトマップの登録

グーグルサーチコンソールでは、サイトマップの登録ができます。管理画面の左側メニューの「サイトマップ」をクリックします。

サイトマップの登録

サイトマップの登録2

サイトマップのURLを入力します。サイトマップのURLはサイトURLにsitemap.xmlを足したものです。このフリブロであれば、https://freeblo.com/sitemap.xml となります。

サイトマップの送信

サイトマップのURLを入力したら送信して終了です。

他のサーチコンソールの使い方に関しては、また後日追記していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です