Google XML Sitemapsの設定と使い方

Google XML Sitemapsの設定と使い方

サイトを作成したらいろいろやらなければいけないことがありますが、中でも絶対にやっておきたいことが、検索エンジン向けのサイトマップ作成です。

ワードプレスの場合、Google XML Sitemapsというプラグインを使えば簡単にサイトマップの作成と通知ができます。

ということで、今回はGoogle XML Sitemapsの設定と使い方を記事にしました。

XMLサイトマップとは

Google XML Sitemapsを使えば、XMLサイトマップの作成ができます。

XMLサイトマップとは、あなたのサイト全体の構成を記したファイルになります。

実はXMLファイルの作成は、サイト運営に関して必須ではありません。XMLサイトマップがなくても、検索エンジンにインデックスされますし、サイト運営はできます。

ただし、より迅速に効率よくサイトの隅々のページまで検索エンジンにインデックスしてもらいたいなら、XMLサイトマップを作成すべきです。SEO的にも効果があります。

インデックスとは
インデックスとは、検索エンジンがページとして認識することです。
せっかくページを作成してもインデックスされないと、検索結果に表示されず誰も訪問してくれません。

Google XML Sitemapsのインストール

それではGoogle XML Sitemapsをインストールしてみましょう。

STEP.1
プラグインの追加
ワードプレスの管理画面の左側のメニューから「プラグイン」→「新規追加」

Google XML Sitemapsのインストール

STEP.2
Google XML Sitemapsのインストール
右上のキーワードの箇所にGoogle XML Sitemapsと入力します。

すると、Google XML Sitemapsが表示されるのでインストールを押します。

インストールする

STEP.3
Google XML Sitemapsの有効化
インストールできたら有効化を押します。

プラグインの有効化

Google XML Sitemapsの設定

では実際にGoogle XML Sitemapsの設定をしてみましょう。

管理画面の左側のメニューから「XML-Sitemap」

Google XML Sitemapsの設定

基本的な設定

上から順に設定していきましょう。
基本的な設定
基本的な設定については何も変更なしでよいです。

チェックが入っている5つのボックスだけ簡単に説明します。

  • Notify Google about updates of your site
    サイト更新の際にGoogleに通知してくれる
  • Notify Bing (formerly MSN Live Search) about updates of your site
    サイト更新の際にBingに通知してくれる
  • サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加
    サイトマップの位置を検索エンジンに正確に伝えてくれる
  • Try to automatically compress the sitemap if the requesting client supports it.
    サイトマップファイルを圧縮し軽量化してくれる
  • HTML形式でのサイトマップを含める
    Google Search Consoleでエラーが出る場合はチェックを外して下さい

Additional Pages

Additional Pagesは何も変更しなくてよいです。
Additional Pages

投稿の優先順位

初期ではコメント数にチェックが入っていますが、優先順位を自動的に計算しないにチェックを変更して下さい
投稿の優先順位

Sitemap コンテンツ

Sitemap コンテンツの説明です。
ここにチェックを入れたページがサイトマップに含まれます。

ですので重要ではないページはチェックを外しましょう。

Sitemap コンテンツ

初期ではカテゴリーページを含めるにチェックは入っていませんが、私は入れるようにしています。

カテゴリーページも検索エンジンからの流入を狙う場合はチェックを入れて下さい。

Excluded Items

Excluded Itemsの説明です。

ここにチェック、記載したページはサイトマップから除外されます。

重要でないページがあればチェックを入れておきましょう。

Excluded Items

個別記事を除外する場合は、記事IDを入力します。

ワードプレスの記事IDの調べ方は、調べたいページの編集画面に移動しURLを確認します。

https://freeblo.com/wp-admin/post.php?post=7&action=edit

上のURLであればpost=の後の7が記事IDになります。

Change Frequencies

Change Frequenciesではサイトマップの更新頻度を設定します。

Change Frequencies

私はこのように設定しています。

頻繁に記事を更新するページの頻度を上げ、そうでないページは頻度を下げましょう。

みなさんも自分の更新頻度に合わせて設定して下さい。

Change Frequenciesで設定した懇親頻度を目安にクローラーが訪問してくれます。

優先順位の設定 (priority)

こちらも更新頻度やページの重要度に合わせて設定して下さい。

優先順位の設定 (priority)

面倒くさいから全部1.0でいいや!と思うかもしれませんが、重要ではないページをクロールやインデックスさせないことでサイト全体の評価が上がります。

全然文章が書かれていないペラペラのページだらけのサイトは検索結果の上位に表示されませんもんね。

優先順位の設定はそこまで厳密でなくて大体で構いませんので、しっかりと設定しておきましょう。

これで、Google XML Sitemapsの設定は終了です。

あとは、Google Search Console(サーチコンソール)にサイトマップの登録だけしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です